▼サイトメニュー
MENU
HOME > 教育理念 > カリキュラム

カリキュラム

基礎分野

基礎分野は、専門基礎・専門分野を理解する上での基礎となる分野です。特に科学的思考の基盤作り、人間と生活・社会の理解を中心とした教育が基本となっています。

専門基礎分野

医療・保健・福祉に対し、広い視野を持つことができるよう以下の内容を学んでいきます。
1、人体の構造と機能
2、疾病の成り立ちと回復の促進
3、健康支援と社会保障制度

専門分野Ⅰ・Ⅱ・統合分野

[専門分野Ⅰ]

看護に初めて出会う領域であり、看護について理解し、他の領域を体系的に理解するための基盤となります。又、看護の対象である人間を尊重し、その人らしい生活が送れるよう看護実践の基本を学びます。

[専門分野Ⅱ]

看護の専門領域では看護の専門職として援助活動を行うために必要となる幅広い知識と技術と態度を学びます。

[統合分野]

統合分野は「在宅看護論」と「看護の統合と実践」の2つにより構成されています。
「在宅看護論」は、社会の広い領域で、あらゆる健康レベルとライフステージにある個人・集団・コミュニティに対して、包括的な視点で看護の実践ができるよう位置づけています。
「看護の統合と実践」では、既習の学習を統合し、組織における看護師の役割を理解し臨地の現場に近い環境を設定しています。緊急時やハイリスク時での適切な判断と対応ができるように校内実習や演習を強化し、卒業後、スムースに臨地の現場に対応できるような内容になっています。

臨地実習

各専門科目における臨地実習は、病院はもちろん老人施設、訪問看護ステーションなどで実施。幅広い実習を通して、プロになるための実力を身につけます。